左近山ランニング

「SORAフィジ」が

「左近山ランニング」に生まれ変わりました!!

全ての運動の基本!との思いから今までの授業内容より更に「走る」という動きを中心とした
プログラムへ変更しました。子ども達の運動能力の基礎部分を鍛えることで全ての「動き」への
可能性が広がります。(もちろん、「ランニング」と言ってもこれまで通り様々な運動を取り入れて行きます!)

 

 運動が与える、
この世でもっとも価値のあるモノとは

運動には、ダイエットや美容、健康や学力アップ・・たくさんの「素晴らしい効果」があるということが証明されてきました。その中でも特にこれからどんどん成長し様々な事を吸収していくであろう子ども達に最も役に立ち最も重要で最も価値のある効果をご紹介いたします。

それは・・・
コミュニケーション能力をあげる効果です。
コミュニケーション能力というのは、他人に対して自分の意見や考えをわかりやすく伝えたり、相手の話すことをよく聴きとり、理解し、思いやりのある行動をとったりすることです。
この能力は、将来的に役立つことはもちろんですが、あなたの子どもにとって、今現在すでに最も役に立ち、最も重要で、最も価値のある効果なのです。
なぜなら、学校生活を送るのにも、習い事をするのにも、必ず他人とのコミュニケーションが必要不可欠だからです。
逆をいうと、コミュニケーション能力がなければ、学校生活や、習い事はうまくいきません。

 

英語を習わせるよりも先に
近年、お子さんを英会話に通わせている親御さんが多くなってきました。しかも、5歳までに習わせないと英語耳にならなくなってしまう・・と心配で小学校に上がる前から始めさせている方も多いようです。

でも、考えてみてください。

自分の考えや、意見を上手く伝えられない、相手の言っていることを聴きとれない、理解できない子が英語を始めて上達すると思いますか?
人見知りする子であればなおさらです。
子どもの立場からすると、「知らない人な上に、何を言っているのか全くわからない。こんな状況で自分の意見や考えを言うなんて怖い!」といったところでしょうか。

きっと、かなりのストレスなはずです。
英語耳にするには今しかない!という気持ちも分かりますが、まずは他人と上手くコミュニケーションを取れるようにすることの方が大切なのではないでしょうか?

また、コミュニケーションが上手く取れれば友達ともうまく付き合えたり、先生や他学年とも良い関係を築けたりするので、いじめに遭うこともなく、楽しい学校生活が送れるでしょう。

 

でも、「ただ運動をすればいい」というわけではありません!
コミュニケーション能力を上げるためには、以下の3つの条件が揃う環境が必要となります。

1つ目の条件は「異年齢の集団に慣れること」
同級生だけではなく、幅広い年齢層の中で過ごすことがとても重要です。
自分よりも年上の子と過ごすことで尊敬したり、競争心が生まれたりと良い刺激を受け、
自分よりも年下の子と過ごすことで、優しくしたり、思いやったり、責任感が出てきます。
学校も幅広い年齢層ではありますが、常に同じ空間にいるわけではないので慣れるのには時間がかかってしまうため、あまり適した環境とはいえません。

2つ目の条件は「スポーツではなく、運動をすること」
野球やサッカーなど、一つの競技をするスポーツではなく、様々なゲーム感覚で出来る運動をたくさんおこなうことで、考える力や、理解力などが身につきます。
スポーツのルールというのはすでに決まっているので、知っている子や慣れている子はゲームに有利になりますが、その場その場で変わってくるゲーム感覚の運動のルールは誰も知らなかったり、慣れていないので人の話をよく聴き、理解し、自ら考え、そのルールに早く対応する力が身についてきます。その力が、人と接する上でとても重要なものなのです。

3つ目の条件は「短時間で行うこと」
考えたり、理解しようとしたり、人とコミュニケーションをとるには、実はものすごいエネルギーを使います。
友達と2時間も3時間も話していても疲れないのに、知らない人とたった10分話すだけで、ものすごく疲れませんか?
苦手なこと、知らないこと、分からないことをするのに2時間もやると疲れてしまい、ストレスになり、やりたくなくなってきます。
そうならないために、1時間という「もう少しやりたかった」と思うくらいの時間で運動をおこないます。


この3つの条件が揃う環境こそ「左近山ランニング」

「左近山ランニング」では、オリンピックでも活躍した柔道選手の専属トレーナーや、プロのサッカー、ラグビーチームの専属トレーナー経験のあるスタッフが本気で考えた運動ゲーム放課後の時間を使っておこない、子どもたちのコミュニケーション能力をぐんぐん上げていきます。また、週末(土曜日)には参加自由(水曜日までに要申請)で公園などへ出向きしっかり「走り」の授業を行っていきます。

もし、将来のために「コミュニケーション能力」をしっかり身につけさせたい!「基礎運動能力」をつけさせたい!と考えるのであれば、早い段階で始めさせてあげて下さい!

まずは無料でお試し!

「うちの子は人見知りだし、ちょっと通わせるのは難しいかもしれない」など、お子さんを大切に想っているからこそ、いろいろな不安があると思います。
なので、「左近山ランニング」では1ヶ月間無料でお試しが出来るようになっています。
1ヶ月間、お子さんの様子を見て、それから続けさせるかをお子さんと話し合った上で決めてください。

圧倒的な安さ!

子どもに必要なものだとわかっているのに「お金がないから」という理由で諦めて欲しくない!という想いから月々4,000円という親御さんの負担にならない金額を設定いたしました。

まずは気軽に始めさせてみてはいかがでしょうか。

他のスポーツクラブと併用もOK!

ゲーム感覚の運動といっても、「子どもの基礎運動能力を上げるための運動プログラム」をいかに子どもたちが楽しみながら出来るかというのをプロのトレーナーが本気で考えたものなので、どんなスポーツをしている子でも、ケガをしにくくなったり、瞬発力やバランス感覚が養われ、主となるスポーツクラブでも、今後始めるかもしれないすべてのスポーツに大いに役立つでしょう。

実際に、現時点でも野球チームや、サッカーチームに入っている子、柔道をやっている子など、様々なスポーツクラブ等へ参加している生徒さんがいますが、監督やコーチに前よりも上手くなった!、動きが良くなったと褒められた!など、嬉しい報告があがっています。

納得の安心サポート!

「左近山ランニング」は、そら接骨院がマネジメントするこどもスポーツクラブの中の一つです。万が一のことがあっても常駐の接骨院ですぐに対応いたします。また、定期的な身体チェックでケガを未然に防ぐサポートをし、成長に伴う痛みなどもご相談にのります。

「参加確認LINEサービス」で本日「左近山ランニング」に来たかどうかを親御さんにお知らせするサービスもご用意しています。

 ・曜日、時間

   水曜日・金曜日

    (低学年)16:00〜17:00(中・高学年)17:00〜18:00

   土曜日

    (全学年)10:00〜12:00

 ・対象  小学1年〜6年生まで

 ・場所  近隣の公園・そら道場 etc..

もっと長い時間参加したい!更に上を行くジュニアアスリートを目指したい!

「左近山ランニング」をマネジメントするそら接骨院では左近山ランニングとも一緒に活動する放課後クラブ「SORAくらぶ」やジュニアアスリートを応援するトレーニングジム「S+GYM」を併設しています。詳細はスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

無料体験をご希望の方はこちら!

下の【無料体験に申し込む】ボタンを押し、簡単な質問にお答えください。

折り返しこちらからメールにてご連絡させていただきます。
下へ

【無料体験に申し込む】